カテゴリ:ほがらかな毎日( 27 )

タンポポの綿毛

あたたかい日がつづくと
原っぱは
タンポポの綿毛だらけです。

風でフワフワすぐ飛んでいって
帽子についたり
くもの巣についたり。
a0172293_940396.jpg


今朝
とても不思議なタンポポの綿毛をみつけたのです。

いくつものタンポポがくっついて
1つになっている 
ジャイアントなタンポポ。

a0172293_943177.jpg


よくみると
綿毛が6組くっついています。

茎は とても巨大ですが
普通のタンポポみたいにストロー状で なかは空洞です。

こんなタンポポの綿毛をみたのは
はじめてのこと。

しばらく研究してみます。
[PR]
by mellowglass | 2013-05-24 09:47 | ほがらかな毎日

綿毛

見つけた


12月の朝 玄関をでると
カチカチの地面の上にフワフワの綿毛。
それは
とてもとても大きな綿毛ではじめてみる綿毛。

4~5cmほどあり
絹のような光沢をもっています。
a0172293_11101257.jpg

どこからやってきたのだろう。
なにの綿毛かな。
その日から
わたしの心はこの綿毛でいっぱい。

毎朝 庭先にでて このコさがし。

地面がカチカチのときだけ みえるのです。

雪の日や 地面がゆるむと 綿毛は吸収されて
わたしには見えなくなってしまいます。

つかまえては
瓶にいれ
つかまえては
瓶にいれ
30個ほど綿毛をつかまえました。
a0172293_1112836.jpg

そして 
この綿毛の正体がわかったのです。

綿毛の主は『ガガイモ』

庭先に勝手にツルをのばして 可憐な花をつけている あのツルのある植物が
ガガイモというのだと初めてしりました。

いつもガガイモの花が咲く場所をみてもツルが残っているだけ・・。
ガガイモの実はありませんでした。

綿毛の主がガガイモだと わかってから
私の心はガガイモの本体探しでいっぱいになりました。

毎日毎日 
ガガイモがぶら下がっていないかな・・とアチコチ庭を探しました。
3ヶ月探しても庭でガガイモは見つかりません・・。

でも綿毛は飛んできます。

きっとどこかにいるのだろうけれど・・
今までガガイモの実を秋にみたことがなかったし
今年は雪が深いので もう見つけられないと諦めました。


3月になり八ヶ岳にも 春を感じさせる風が吹くようになりました。

庭先に積もった雪が溶けだし 
凍った土がゆるみ ドロンドロンの庭と化し  
そして雪が溶けてなくなると 
踏みしめられる硬い大地となりました。

庭先での春さがしが楽しくて 作品づくりより 庭にいる時間が長いこのごろ。

スケッチはするものの なかなか作品づくりに着手せず
スコップを持って庭にいる時間が長いので 
手に豆が3つもできました。

ふと
スモークツリーの木を見上げたら
a0172293_11232222.jpg


見つけた!

とうとう
ガガイモの本体をみつけたのです!!!
a0172293_1124971.jpg

はじめてみるガガイモの実。

よくみると
綿毛たちが羽をたたんでキチンと並んでいます。
a0172293_1125633.jpg

この中から飛び立っては
わたしに この冬ずっと魅力的な姿をみせてくれていたのです。

灯台もとくらし。
窓から毎日眺めているスモークツリーのてっぺんにいたなんて。

みつけて とってもうれしかったです。
心ポカポカとなり
うれしい春の日となりました。
a0172293_11263272.jpg

ガガイモとガガイモの実


ここに写っているメジャーは
東京の足長おじさんが送ってくれたメジャー。

わたしがいろいろ撮影して 
気ままにつづっていますが
サイズ感をより わかりやすく伝えるツールとしてステキなメジャーを贈ってくれました。

氷の結晶をはかったり
スケジュール表の線をひいたりしています。
[PR]
by mellowglass | 2013-03-07 11:39 | ほがらかな毎日

雪の小道

わたしの住むところは標高1000Mちょっと。

冬は寒いのですが
雪がたくさん積もることは あまりないのです。


パウダースノーがキラキラ舞ったり 
氷の景色はたくさんみることができます。

でもたまに雪がたくさん降り積もるときがあります。
そんなときに
庭先には雪の小道ができます。


2011年にも雪の小道ができました。
あの日のほうが大雪だったのだと 小道の様子でわかりました。

2011の日記 http://mellowglas.exblog.jp/12239511


2013年の雪の小道
カラーで撮影したのだけど 朝はやかったからモノクロみたい。
a0172293_1955503.jpg

左手にある小鳥の餌台
こんもり積もりました。
a0172293_19581068.jpg


冬は寒いけれど
すてきな発見がいろいろあります。

そして
家のなかであたたかくすごす時間や 
外がシンとしていて 時間がとまっているような感覚や
雪が反射してまぶしい景色も
冬だけの特別。


雪の小道をあるいて
庭先にでたり 
アトリエにいったり。

いまだけの大好きな小道。
いつまで残っているかな。
[PR]
by mellowglass | 2013-01-17 20:06 | ほがらかな毎日

20121231

2012


2012年の新年の挨拶のときに今年の目標を話しました。
こちら

カタチの追及 展示についても考える2012。

いろいろな新しいこころみをしました。


そして春
工房からの風への出展が決まった便りを受けて
今までもスケッチをたくさん書き込んできたのですが 
もっと脳内を整理できるような
スケッチ+経過の言葉+作業記録写真をつけるようにしました。


作品のイメージをカタチにするのは 自分の手の中の仕事でブレがないのですが
カタチから見せるまでの流れのブレがすくなくなりました。

工房からの風という起点が
新たな出会いが広がり つながりも見つけることができて うれしい風そよそよ。
ありがとうございます。

作品展のたびに 素敵な言葉をもらいました。
うれしい言葉は
つぎへのエネルギー。


庭先をながめながら
静かに制作する日々のなかで

 みつけたことをスケッチブックの一部に書留めたり 
 みつけたものを保存瓶に入れたり
 みつけたものを並べたり

いろいろな発見を保存するなかで みつけたことがいくつかあって
みつけたことがカタチにつながるのだと知りました。


大切なものと 大切な時間の記録。


面白いのです。
これからもつづけていきます。

a0172293_15222640.jpg



新年の目標のなかにあった事項
小さなアトリエを拡張するか 新アトリエを今年はつくる(自分で大工さんをする)という目標。

新しいアトリエが初夏に完成しました。
たくさんの人の協力があって完成した作業場。
本当にありがとうございます。


その経過報告。

1月 今あるアトリエの板の間ではない部分をコンクリートにする計画をたてる。が、すぐに断念。

2月 構想を練り直して 中庭に屋根をつけてコンクリートのたたきのある屋根だけのスペースをつくろうと計画。しっかりした骨組みが必要とのこと。大工事すぎて私の大工技術では不可能なので断念。

3月 庭先のガレージ(車3台分)をアトリエに改装する計画をたてる。
ガレージはコンクリート床でシャッターもある。
一部を物置にして残りをアトリエにする計画を実行することにした。シャッターは便利だけど 作業中は不便。夏の虫も嫌なのでシャッターの手前に建具をつけようと構想する。
建具をネットで探す・・素敵な建具はいろいろあるけれど結構高い・・。そんな話を個展先ですると オーナーさんが古民家を解体した際にでる 古い建具を保管している方を紹介してくれて話はトントンすすみ会いに行くことに。
素敵な設計事務所をされている方が古い建具をくださるということでワクワクしながら建具を選ぶ。
ガレージの整理がついたらとりにいくことに決定。

4月 ガレージの片付け作業。父の事業でつかっていた数々の機材や工具 これを片付けることが大作業。ものすごく大変な日々が2ヶ月ほど続く。

5月 ガレージが片付いたので建具を金沢に運びに行く。建具にあわせての大工工事開始!

6月 新しいアトリエの外側完成。
建具をはずして大きな網戸の制作。

7月~11月 日々制作。

12月 道具・機材準備。

3月の決意 ここをアトリエにする!
a0172293_1533670.jpg


5月 建具を運び入れ大工仕事開始
a0172293_1543489.jpg


6月 建具をいれて外側完成!
a0172293_1573112.jpg


11月~道具・機材 準備 
a0172293_158066.jpg


ここから
たくさんの作品がうまれていきます。

2012年の目標達成がんばる つづく。
[PR]
by mellowglass | 2012-12-31 15:27 | ほがらかな毎日

シンクロ

12月の個展がはじまりました。


Mellow Glass個展 「12月の蒼」
2012年12月25日(火)まで nico


素敵な時間がnicoの空間にながれています。

日々作品づくりをしているなかで
個展は特別な気持ちをたくさんくれます。

作品が空間と1つになって 
特別な場所ができあがって
その空間に来られるお客様の様子や感想
作品と様子を一緒に眺めていて
胸がいっぱいになります。

いろんな素敵な出来事が個展会場のnicoではじまっています。

nicoさんにある 皮のアクセサリー。
偶然Hasselのカメラのアクセサリーがあり 大切にもちかえりました。
a0172293_15224611.jpg

Hassel
わたしはこのカメラを知ったのは スウェーデンのヨーテボリのことを調べていて
偶然このカメラを知りました。
すごいカメラだということは 随分あとに知ったのです。
その小さなカメラのアクセサリーは わたしをうれしくしてくれました。

その日nicoに
Hasselのカメラ(本物)を持ってお客さんがやってこられました。

その方はわたしの作品を集めてくださっていて
写真には7軒の家の街並みができていました。
それだけで十分すぎるくらいうれしかったのですが
Hasselから見える硝子の景色をのぞかせてくださいました。

透明な世界。
a0172293_154063.jpg

とても透明な空気がレンズのむこうにあって
わたしもそのむこうの世界にいきたい
って思いました。

いいなってことやモノが
シンクロしているようで
不思議です。


nicoの空間がカメラのなかでみえます。
a0172293_15403148.jpg


Mellow Glass 個展 「12月の蒼」

nico  http://mocchi.tobiiro.jp/

会期 2012年12月25日(火)まで
11:00~18:00

〒663-8113
兵庫県西宮市甲子園口 3丁目26-7甲園ハイツ 202 
Tel 0798-55-2964
[PR]
by mellowglass | 2012-12-10 16:05 | ほがらかな毎日

もうすぐ11月。
あっというまに時間がたってしまいます。


日記
工房からの風のこと

工房からの風 Mellow Glass 展示
a0172293_1635937.jpg


工房からの風 Mellow Glass 展示
a0172293_17535919.jpg


今年は
工房からの風 出展者のなかから「風の予感 vol.1」と
「工房からの風 10th」の初出展でドキドキをたくさんもらいました。


この写真のわたは
工房からの風 終了後
後日届いた荷物のなかにはいっていたもの。
a0172293_15575456.jpg

工房からの風のあの日
鎮守の森の奥で 大野八生さんがお庭の草花をつかったワークショップをされていました。
わたが吊るされていて とても素敵でした。

大野さんと同じわた(...と思っている)

ふんわりとしていて
やわらかくて
でもしっかりしている。

工房からの風の印象と同ように感じる わた。
大切な宝物となりました。




工房からの風の二日間

素敵な出展者の方々の作品をみてまわりたかったのですが
わたしは時間がなく 少ししか見ることができませんでした・・・。



わたしが眺めていたのは
二日間ずっとこちらのかたの背中。
a0172293_18183639.jpg

小澤基晴さん。
わたしの前に展示されていたので ずっと眺めてすごしました。

展示はとても低くお皿を美しくみせていました。 

いつも工房でもそういう姿勢でロクロをひいているんだろうな・・・
と感じさせる寡黙な姿。

小澤さんの姿勢からは
いろいろなものをもらった気がします。



そして
その前にひろがるトキニワカフェも二日間ずっと眺めていました。
a0172293_16214739.jpg

トキニワカフェの装飾は
sun’oco さんのガラスと
アトリエか猫さんのテキスタイルの布がひろがり
ゆったりとした空間をつくっていました。

吹きガラスで作品をつくられているsun’ocoさん。
キラキラ綺麗なロンデールを何枚も作って展示していました。
制作の話ができて うれしかったです。


か猫さんは
忙しく広場と本部をいったりきたりされてました。
わたしの前を通るときにはニコニコと声をかけてくれて 
今も金子さんの笑顔がこころに残っています。




トキニワカフェから奥にいくと森がひろがります。
その鎮守の森の入り口では
a0172293_165662.jpg

森友見子さんのモビールたちが
ゆらゆらと風にそよいでいました。
とても素敵。
ガーゼで囲われた展示も透明感がとても素敵でした。

再生紙での表現。
森さんと話したことがとても印象的。
またゆっくり話したいな。

それから陶芸の中本純也さんも話したいな。


そして おりひめ神社への入り口
a0172293_1684993.jpg

アトリエ倭さんのつかっている道具たち。

「風の予感 vol.1」と「工房からの風」と一緒の新人組。
 電車の乗り換え 
 届いた郵便物の説明
 当日の荷物 
 展示の両面テープ
なんでも教えてもらいました。

本当にありがとう。

この道具からも二人の姿勢を感じます。


その先の おりひめ神社まわりで展示されていた
泉健太郎さん。
a0172293_1629466.jpg

とても静かな作品。

伝統工芸の技 とても時間のかかる工程。
そういう重みだけでなく 
軽やかさも持ち合わせている作品たち。

泉さんらしい仕事。



最後は
お隣の大谷哲也さん。

大谷さんの展示の様子は写真にはないのですが
わたしの鍋コレに
大谷さんの平鍋が加わりました。
a0172293_164398.jpg

とても美しい白。

大谷さんは接客のとき 
いつもニコニコと八重歯をみせていました。
展示も凛としていて美しい。


私がお買い物をしたのは このお鍋さん一点だけ。
でも
気持ちはいっぱい満点。


この空は
工房からの風1日目の空。

小澤さんがトントンと肩をたたいたので「なぁに?」と言うと
なにも言わず空を指差しました。
a0172293_18272676.jpg

見上げた空には
大きくひろがる羊雲が広がっていました。

みんなで見上げた羊雲。


工房からの風10th  2012.10.13-14
[PR]
by mellowglass | 2012-10-29 18:32 | ほがらかな毎日

あたたかい涙

素敵な偶然の再会がありました。

Twitterで偶然知り合った素敵なおじさま。
もう天国に逝ってしまったのです。
私は最後の時間にたくさんの素敵な言葉をもらいました。
a0172293_8484737.jpg

12月の寒い日。
赤い手袋をした素敵な女性が私の作品を見に来てくれました。
ご主人のかわりに作品を見に来てくださったのです。
そして「握手」といって赤い手袋をはずしてギューっと握手をしてくださいました。
はじめてあった日のこと
その出来事がずっと忘れられませんでした。

赤い手袋。
寒くて白い息。
やさしい言葉。

そしてその3ヵ月後 ご主人は天国にいってしまいました。
a0172293_8491529.jpg

あの12月の寒い日
ご主人が病床で「みにいってほしい」と奥様に言われて
とても作品をみにいく気持ちではなかったけれど代理でみにきてくださったのだそう。
あの日ご主人から

「硝子に光が溜まりとても素敵な作品をありがとう。」

とメールが届きました。

あの12月も 
なくなるまでも
素敵なメールのやりとりをしていました。
ある日お返事が返ってこなくなりました。

それから天国にもういるということを知りました。

おじさまが
とてもスゴイ人だということも天国にいってから知ったのでした。


あれから時間がたち こうして秋がまたやってきて 
もうすぐ冬がやってくるころ偶然の再会がありました。
a0172293_961152.jpg

わたしは
時間がとまったように何もいえず奥様を見ていました。

偶然も偶然。驚くほどの偶然の対面。

奥様は「背筋がゾクゾクする」と何度もいってました。
そして「壮太郎があわせてくれたんだわ」と何度もいいました。
天国のご主人も笑ってみているかな。

そして何度も何度も握手をしました。
私の手がポカポカしていて
「手があたたかい!」と言ってました。

帰る間際に両手を開いてギューっとされました。

わたしは胸がいっぱいになりました。

あたたかい涙ってこういうときに出るのだと感じました。
あの偶然の時間を思い出すと
なぜか涙がでてきます。

あたたかい涙は
 思い出とか
 時間とか
 みえない想いとか
 ありがとうの気持ちとか
こみあげてきて 
トロンとした濃い涙。

冬がもうすぐやってくる すこし寒い季節
内側から あたたかい涙がでて あたたかいと何度も感じています。
そしてすこし淋しい気持ちにもなります。
a0172293_9581495.jpg

[PR]
by mellowglass | 2012-10-26 08:55 | ほがらかな毎日

ゆっくりゆっくり

蒼くあおく晴れた日に
松本のあがたの森でクラフトフェアまつもとが開催されました。

まんなかの芝生の広場の一角に私は作品を青空の下で展示しました。
a0172293_8524575.jpg

お天気につられて たくさんの人 ひと ヒト。

たくさんの人たちに作品をみていただいて 感想をいただけて うれしい2日間となりました。
ありがとうございました。

お友達や以前から応援してくださっている方々への再会
兵庫県や香川県 遠くから作品を見に来てくださって楽しい時間となりました。

工房からの風2012のミーティングや風の予感Iで お会いした作家のみなさんにも また再会できてうれしく思いました。

shokaの田原あゆみさんにも お会いすることができました。
本当にうれしかったー。

一番うれしかったのは 私の作品をみて 触って それからでてくる言葉を直接きけたこと。
小さな子供からおじいさん おばあさんまで。
色々な感想を直接きけて うれしかったです。


うれしいがたくさん。


忙しい日々のなか
久しぶりにゆっくり休みをとりました。

温泉にいったり 行きたいと思っていた場所にいったり
新しいものをみたり 美味しいものを食べたり。

ゆっくりとゆっくりとすごして ほっこしりしました。



明日からまた制作開始です。
まずはスケッチから。

6月になって庭にでてすごす時間が多くなりました。

庭の大好きなホスタは どんどん大きくなっています。
前回ブログに掲載したときよりもグーンと大きくなりました。
a0172293_90324.jpg

140センチほどの大きさです。
葉っぱの大きさは とてもとても大きくなりました。
まだまだ大きくなりますよ。

毎日眺めてすごしています。
[PR]
by mellowglass | 2012-06-05 09:05 | ほがらかな毎日

雨の日

朝から春の雨がシトシト降っていて すこし眠たい日。

撮影をしようと決めていたので雨のやんわりした光で撮影。
a0172293_1512740.jpg

私のつくる作品の場合
自然光が一番 作品そのものらしくうつる気がします。
ガラスの撮影は難しいと いつも いつも思います。

雨で眠たいので なかなか作業がはかどりません。
雨の日はどうしてこんなに眠くなるのでしょう。
雨音にさそわれるのか 雨の湿気に睡魔がやってくるのか・・。
いつも雨の日は眠たいです。


---------------------------------------------------------------------------------------

作品展のおしらせ

風の予感 2012 「工房からの風」出展者の中から
赤堀友美|陶磁
アトリエ倭|木のおもちゃ
笹島友紀子|金属
名古路英介|木・漆
増子浩代|金属・七宝
Mellow Glass|ガラス

gallery らふと
2012年5月3日 4日 5日 6日最終日
千葉県市川市鬼高1-1-1 ニッケ鎮守の杜
※私は4日(金・祝)に在廊しています。
a0172293_15254384.jpg

[PR]
by mellowglass | 2012-04-14 15:27 | ほがらかな毎日

2012

2012年 制作からはじまりました。

新しい年となっても制作リズムも毎日もかわらないのだけど
私の父は、
大晦日 今年一年の感想をそれぞれいう お年とりの儀式があって
元旦の朝の儀式で必ず新年の抱負をいうっていう 新年の儀式があるのです。

思い・考え

カタチと向き合う

自分の思い描く展示をしてみたい

中庭の作業場の床をコンクリートにする!
 長野は寒いので冬にはコンクリートの流し込みができないのです。
 春になったら、コンクリートを流し込んでもらって 硝子の作業をスムーズに。
 ※父もめずらしく大工作業を手伝いにいきたい と話していました。




いま制作で新しい作品が生まれそうです。
スケッチを繰り返しています。
完成までがワクワクしている自分がここにいます。

2012年も
じっくり硝子とむきあっていきます。


||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

a0172293_146598.jpg


IDEE Life in Artに上記作品を含めて3作品が掲載されています。
http://ideelifeinart.com/
よかったら見てください。


IDEE Life in Artより

日々は、人が意識をもってつくりだしたものの中にある。

人の暮らしは、人間の行為という意味での「art」のなかにあり、
生きていくということは、自然と向き合うのと同様に、「art」ち向き合うということでもあります。
・・・・
[PR]
by mellowglass | 2012-01-10 14:18 | ほがらかな毎日


MellowGlass ほがらかな毎日の景色を タナカユミがガラス作品にしています。ほがらかなカタチ。


by mellowglass

プロフィールを見る
画像一覧

********************


タナカユミがつくるガラス作品。

暮らしに静かによりそった
人の手を感じる
ぬくもりあるガラス作品づくりを
大切にしています。

MellowGlass HP



********************






























その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧