やっと 空をゆっくり見上げる日々。

絵に描いたような雲。

a0172293_11135686.jpg


気持ちが落ち着く。

この一週間 毎日絵を描いています。
蔦屋さんに並べた硝子作品たちのなかに
わたしが油絵で描いたものがあったのだけど
展示がはじまって早々に旅立っていってしまいました。

今日の空のように
おもいっきり自由に描いたもの。

今 描いているものは
作りたいと構想をねっているものを形にしながら描いているから
ものすごく考えながら描いています。
それもまた楽しい。

長野は秋の空と秋の景色になりました。
散歩道も
虫の鳴き声も
空気の冷たさも。

a0172293_11210089.jpg


春に種まきした畑の蕎麦も
一面の真っ白な蕎麦の花畑になりました。

a0172293_11254572.jpg


刈り入れがたのしみ。

[PR]
# by mellowglass | 2014-09-12 11:09 | ほがらかな毎日

ノスタルジア

Mellow Glass ガラス作品展

ノスタルジア

7月16日(水)− 8月24日(日)
代官山 蔦屋書店
作家在廊 7月16日 13時~

a0172293_16070947.jpg

代官山 蔦屋書店の建築フロア。
裏庭の緑と自然光の入る場所で
ソファーがゆったり配置されていて
ここが一番好き!っと感じた場所に展示をすることになりました。

a0172293_16093076.jpg

発表活動は いつも主観的に作品づくりと展示をしているのだけど
今回は
客観的に進めていて すごく新鮮。
「ノスタルジア」
というワードは
蔦屋さんの担当さんが候補にあげたタイトルのなかの1つ。

ノスタルジア
わたしの
「異国」

旅をしたスペインの島々の風景。
色とりどりな屋根の色と真っ青でどこまでもひろがる海と空。

しばらくして
第二印象は「なつかしい」という気持ち。
異国の旅した場所だったり
行ったことがないけど心がなつかしく思う風景。
すこし涙のでそうな感情に似た景色。

a0172293_16392015.jpg

ストンと落ちるように
街をつくりはじめました。

この展示にあわせて
はじめての「メロウグラスZINE」がつくられました。
その本づくりも
お任せですすめられてきた長いお話し。
また今度お話しします。


ノスタルジア
Mellow Glass ガラス作品展

代官山 蔦屋書店
2号館1階 建築・デザインフロア

Tel 03-377-2525
渋谷区猿楽町17-5
http://tsite.jp/daikanyama/
営業時間 朝7時〜深夜2時まで
初日16日のみ13:00〜はじまり

Mellow Glass タナカユミ








[PR]
# by MellowGlass | 2014-07-03 15:44 | 個展のおしらせ

小鳥の巣

毎朝 朝露がたっぷり降り注ぎ
庭木に水やりがいりません。
a0172293_10153933.jpg

むかし
このあたりは開拓の地で
桑の木がたくさん植わった桑畑でした。
そして
お蚕さんを育てていました。

庭の原っぱには
大きな桑の木が3本あって実をたくさんつけてくれます。
桑の実はジャムにします。
いまは青い実だけど7月には赤からまっ黒になります。
お美味しいジャムができる桑の実だけど
いつも
アチコチに桑の木が知らぬまに生えてくるので
桑の木の剪定が必要です。


5月
庭木の剪定をしました。

重なりあう木々のところに小鳥の巣が上手につくられていました。
卵がいくつかあって
小さな卵の大きさの割には 大きめの小鳥の巣。
そっとそのままにしておきました。
a0172293_10151717.jpg

6月
小鳥の巣の様子をみにいきまいた。
すると卵が1つ ポツン…。

親鳥や兄弟たちはどこにいってしまったのだろう。
ヘビに食べられちゃったのかな。
いろいろ心配になり
小鳥の巣を見守ることに。

それから2週間がすぎ
ポツンの卵はそのまま。
親鳥も帰ってきませんでした。

淋しい景色。


庭の杏子の木につけてある
シジュウカラの用の巣箱も小鳥たちが旅立っていき
杏子の木と一緒に庭を見守っていてくれるよう。
その様子も
ちょっと淋しい。

a0172293_10145816.jpg

[PR]
# by MellowGlass | 2014-06-20 11:24 | ほがらかな毎日

札幌での個展はじまる


「硝子標本」
Mellow Glass 個展

エフロクブンノイチ
6月5日(木)~15日(日)

a0172293_00100874.jpg

札幌での個展はじまる。

北海道は
わたしの生まれ育った長野と気候がよくにているところ。

札幌は快晴つづきの青空です。

今回の個展は
エフロクブンノイチ店主さんによる
思考が凝らされた個展となっているのです。
わたしは
その気持ちにワクワクしながら制作をすすめてきました。

6月のはじまりにむけて すごしてきた制作時間は
いろいろな発見が多い時間となりました。
自分の手のなかで作っていく作品たちと
話をする時間がたくさんありました。

気持ちのカタチを産み出すことの過程を
じっくり経た作品たちが並んだ個展。

長野の空気とよく似た札幌に
並んだ作品たちには
店主さんの気持ちもたっぷりつまっています。

a0172293_00105775.jpg

ゆらめくキャンドルのやさしい灯りと共に
素敵な時間をすごしに
エフロクブンノイチへきてください。

Mellow Glass タナカユミ

a0172293_00090910.jpg

[PR]
# by mellowglass | 2014-06-05 00:13 | 個展のおしらせ

四月の雪のあと



春のおとづれを感じたころ 雪がふり
雪の綺麗さと寒さを感じる4月。

a0172293_9382182.jpg


たくさんの雪をみた冬は
いつもの冬時間とはちがった日々でした。
雪景色がとけてなくなり
庭先に春の花がゆっくりだけど咲き始めて
こちらにも春がやってきました。


雪解け水で水浸しになった車庫アトリエも
GWにはキチンと再開できそうです。

5月の2週目からは
順番待ちになっている石膏型たちを次々
電気炉で焼成して
硝子にする作業もできるようになります。

a0172293_9384779.jpg


6月 札幌 エフロクブンノイチさんでの個展。

7月は代官山蔦谷さん 建築・アート棟でのスペシャル展示。

8月は茶房一笑さんでの個展。


ワクワクすることがたくさん待っています。



車庫アトリエで作業ができない間は
家のなかのアトリエで作業をしています。

a0172293_9391280.jpg


秋冬の間に収集した山の記憶のコレクションを
箱にならべてはニコニコしています。
この記憶の景色も
6月7月8月の作品展で お披露目します。

a0172293_940018.jpg


春になり いろいろ動き始めて
やっぱり冬って
活動していても
冬眠のようにゆるやかな季節なのかなって感じているこのごろ。

a0172293_9403032.jpg


今日も寒い雨の日で
まるで
また冬眠にもどるような寒さです。



Mellow Glass タナカユミ




追記

スイセン


庭には15種類ほどのスイセンが植わっています。
黄色の花が列になって一気に咲く様子は眺めていてうれしくなります。
しばらくスイセンの花は咲いていてくれるので元気のモトです。

スイセンにも色々な種類があって
いま咲いているスイセンのほかにも これから小さなスイセンが咲いたり
待つ楽しみがあります。
母が大好きだった白い多弁のスイセンも咲きました。

a0172293_743209.jpg

[PR]
# by mellowglass | 2014-04-21 09:46 | ほがらかな毎日


MellowGlass ほがらかな毎日の景色を タナカユミがガラス作品にしています。ほがらかなカタチ。


by mellowglass

プロフィールを見る
画像一覧

********************


タナカユミがつくるガラス作品。

暮らしに静かによりそった
人の手を感じる
ぬくもりあるガラス作品づくりを
大切にしています。

MellowGlass HP



********************






























その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧